ホタテ販売担当の山本勝雄です。
ご質問などお気軽にお問い合わせください。
大漁祈願祭
新造船  第三力進丸 美味しいホタテを全国にお届けします。
 3キロ発砲に入れてみました。
1キロ11枚位です。
3キロで34枚位入っています。
2017/11/22
 2年貝の大きさです。
2017/11/22
左)2年貝 右)3年貝 左)5キロ2年貝 右)5キロ3年貝
水槽に設置した微細気泡発生装置で一度水揚げされたホタテを休めます。 3年貝のホタテをドリルにあてて一枚一枚綺麗にします。
2年貝は水洗いのみになります。
 ホタテを並べていきます。  『ホタテの剥き方』を入れて発送します。
むきべらは別売り+100円になります。
 ホタテが育つと重くなり沈むので玉を増やします。  少し大きくなりました
 稚貝の本分散
レンゲ一杯で40〜45枚入れます。
 稚貝の本分散
来年のミミズリまで入れておきます。
 1年目はザブトンのカゴに入れて育てます。  2年目はロープにテングスを付けそれにホタテを縛り育てます。2年目で加工用として出荷します。
ミミズリ作業
ホタテの耳に機械で穴をあけます。
ミミズリ作業
穴をあけたホタテをテングスで縛ります。
 3年目はマルカゴに入れて、このホタテが12〜14センチの3年ものとして販売しています。  玉が浮いてる所にたくさんのホタテが養殖されています。
海水は150m沖から揚げています。 海水は沖から揚げているのでホタテは新鮮なままです。
北の噴火湾
うっすら見えるのは室蘭です。
南の駒ケ岳
波も少なくきれいに撮れました。
掛澗の築港 ホタテが成長すると重くなり玉が沈むので、玉を付けてホタテを浮かせます。

マルイチ山本漁業部の写真